写真が好き。
写真を使ってできること。写真を楽しむ方法。 Do what you can with what you have, where you are.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本、いただきました♪
少々このブログの趣意からは外れるけど、ちょっと自慢~。

ちょうど1週間前に、

「デジタル時代の新写真店経営
 ~Lサイズから脱却すれば、あなたは生き残れる」


という一冊の本が発行されました。

book01

おうちプリントどころか、プリントすらしない人が多い今、写真店さんはどうしたらいい?という疑問にいろいろなヒントをくれる本です。

で、この本のうち「スクラップブッキングで写真店は変わる!?」という項目の8ページ分は私が著者の方に直接お話した内容で、そのお礼?かどうか、本をもらっちゃいました!嬉しい♪
「贈呈」だって。・・・・あっ、自分でハンコ押したんじゃないから!念のため。

book02

写真店さんも今はほんと大変だと思います。でも、もうダメだ・・なんてあきらめちゃう前に、今自分にできることを少しずつでも試して前に進んで欲しいなぁ。
"見る"だけじゃない写真の楽しみ方は、まだまだたくさんありますよー。
スポンサーサイト
出張報告書?「PIE 2006」(6)
最後のおまけ、各企業ブースのお姉さんの写真です。今回は少ししか撮れなかったなー。でも、わざわざこっちを向いてニコッと笑ってくれたお姉さんたち、ありがとー!

pie200605
Canonのブースだっけ?横から男の人たちを必死でかきわけて入った私に気づいて手を振ってくれました♪

pie200606
どこのブースかわからないけど、ずっとメイクやってました。このメイクのおっちゃん、かなり怪しいって!

pie200607
こういうのって、どうやったらきれいに撮れるのかな?飛び飛びやなぁ。このブースが一番ゴージャスで宝塚ちっく。

pie200608
着物がかわいい♡ 前にいるおっちゃんの頭が邪魔で、背伸びしてやっとの思いで撮った一枚。
出張報告書?「PIE 2006」(5)
最近、ピンホールカメラが人気です。
というわけで、私もピンホールカメラ製作キットを買ってみました。でも手順書を見てビックリ!めっちゃ細かいし・・・・いきなり挫折。誰か作ってください。

pie200604

出張報告書?「PIE 2006」(4)
■「写真で元気になる/フォトサプリ」セミナー

pie200602

JaPTA(日本フォトセラピー協会)理事長のなかにし先生のお話。後続が写真家の立木義浩さんのお話だったので、聴講してる人はおっちゃんが多かったけど、写真を使った心理テストがとてもおもしろくて、みんな楽しんでるようでした。
前のスクリーンに映される写真を見て解答を選択肢から選んだ結果、自分がどういうタイプかがわかる、というもの。

次の4タイプに分かれます。

A. わたしタイプ
 物事を「自分が」どう思うか、で判断するタイプ

B. あなたタイプ
 今、目の前にいる「あなたが」どう考えるかで判断するタイプ

C. 役割タイプ
 全体の組織の中で自分の役割を考えて行動するタイプ

Dは・・・えーっと・・あまりにも私の価値観からかけ離れすぎててタイプ名すら忘れちゃった。とにかく、CやDに行くほど周りの状況を冷静に見ていて客観的になれる人です。

というわけで、私が何タイプだったかバレバレだ・・。同じセミナーを受けてた人からは、結果を教える前に「あんたは絶対Aしかない」って言われたし。うぅ・・

pie200603

それにしても今回のテストは簡易版にもかかわらず、なぜ写真だけでそこまでわかるっ?とすごく不思議。写真ってすごいねぇ。これからもっとがんばってフォトセラピーの勉強しよー!

JaPTAに興味のある方は、右のリンクからどうぞ。
出張報告書?「PIE 2006」(3)
二日目の土曜は、いくつかイベント見学。

■「カメラ日和presents 楽しい!ブログライフ」イベント

pie200601

PIEに行く数日前に偶然見つけたブログの作者、hanaさんも参加されてました。hanaさんが言ってた、「ブログに載せるために写真を撮るんじゃなくて、撮りたくて撮った写真をブログに載せる」って言われてたのに共感(聞き間違ってたら申し訳ない・・)。前に「ブログに縛られない」っていうことを書いたことあるし。ブログはあくまでもスパイス的な存在と捉えれば、普段の生活がピリッと引き締まる気がします。でも私は、「ブログに載せるために撮る」のもアリ!と思ってます。楽しければOK♪

それにしても、話中、hanaさんがカメラを取り出してためらいなく会場側をパシャパシャ撮ってたのには少し笑いました。
あ!いた。私、映ってるー!後ろでアホみたいに笑ってる。あははー。
出張報告書?「PIE 2006」(2)
一日目の金曜はほとんどセミナー受講だけ。

■「『モノ』を売るな!『体験』を売れ!」セミナー
藤村正宏さんのとてもわかりやすくておもしろい「エクスペリエンス・マーケティング」の話でした。話中のエピソードに思わず感動して泣いちゃって、自分で自分に「なんでやねんっ」とつっこんでました。
最後に言っていた「決断より実行!」っていう言葉に「そうやんなぁ!」と心の中で大きくうなずいたり。ここだけの話、「何がPDCAよ!とりあえずやったらいいやんっ」と思うこともたまーに(?)ある。
また機会があったらお話伺いたいです。本も出てるみたいだし、読んでみよう!
出張報告書?「PIE 2006」(1)
前回も書いたように、先週末に「PIE 2006」に行ってきました。去年までに比べるとかなりおとなしい感じになってましたが、少し新しい風も。来年はどうなるかなー?
では、「出張報告書?」と題して、イベント・セミナー関係のレポートです!
PIE 2006
pie200503

今週末はいよいよフォトイメージングエキスポ「PIE 2006」ですねー!期末でバタバタと忙しい中、なんとかお休みもらって今年も行きます。

上の写真は去年撮ったもの。残念ながら今年は出展がなくなったコニカミノルタブースのお姉さん。こうやってパシャっと撮った後に「ありがとうございます」とペコリとお辞儀をしていろんなブースを周ってお姉さんの写真いっぱい撮りました!今年もたくさん撮れるかなー?

今回はいっぱい行きたいところがあって撮る余裕ないかも?
でも「モデルパシャパシャ撮影会」は絶対参加!です。・・・ってウッソー。いくらおっさんの私でもそんな度胸はありません。

そんな中、絶対見ようと思ってるのは、雑誌の「カメラ日和」presents、「写真を使った作品づくり」と「楽しい!ブログライフ」。
そしてフォトセラピーについて聞ける、 「写真で元気になる/フォトサプリ」セミナー。私、一応フォトセラピー協会の会員ですが、一般の人として聞かせてもらいます。楽しみだー。

ではもう一枚おまけの写真。カウンタックについてるお姉さんのこと「カウガール」って言うんだって。脚ほそー。

pie200501


ミニフォトカード Mini Photo Card
miniphotocard

miniphotocard08

紙を折って中に写真を貼ると、プレゼントにぴったりなフォトカードになります。

(材料・道具)
miniphotocard01

・好きな写真1枚
・厚手の紙
・リボン、レースのリボン
・花のモチーフなどの飾り
・ブラッド(割りピン)
・(あれば)フォトコーナー

(作り方)
1. 紙を、まず21cmx10cmの長方形に切り、片方の端に5cmx2cmの帯を残すように切り落とします。(図1)
2. 帯が出ているほうを2cmほど長くして紙を折ります。
3. 反対側の端に帯を通せるように2本の切込みを入れます。(図2)
4. 切込みを入れたほうの端の裏側にレースのリボンを、表から見えるように貼り付けます。(図3)
5. 切込みを入れた部分に穴を開け、モチーフをブラッドで固定します。(図4)
6. 表紙になるほうにリボンを巻き、くくったリボンを通します。(図5)
7. カードの内側に写真を貼ります。あればフォトコーナーで固定します。(図6)

miniphotocard02
(図1) ペーパートリマーがあるとめっちゃ便利!

miniphotocard03
(図2) こうやって差し込めるようにします。

miniphotocard04
(図3) クラフト用の透明の接着剤を使うと便利。

miniphotocard05
(図4) 千枚通しなどで穴をあけて。

miniphotocard06
(図5) 直接結んでもいいけどこうやって別に結ぶほうが簡単できれい。

miniphotocard07
(図6) このフォトコーナーは銀座伊東屋さんで購入。

(所要時間)
30~45分

(メモ)
使ったお花のモチーフは、私のお母さん手作り。カワイイ~!自分で紙をハートやお花の形に切り抜いて使ってもOK。
ブラッドは前回のラブオンフォトのメモ参照。
茶色のリボンはもらったチョコレートのパッケージに使われてたものを再利用。レースのリボンは、端にフリルのついたリボンでもかわいいよー。

ちなみに写真のお子ちゃまは私の子ではありません。え?・・見たらわかるって?はははー。
ラブオンフォト Rub-on-Photo
rubonphoto.jpg

「ラブオン」という文字の転写シールを写真の上にこすって貼り付けるだけで一気にかっこよくなります。

(材料・道具)
・好きな写真1枚
・ラブオン(転写シール)
・(あれば)ブロッサム(紙でできた花の飾り)
・(あれば)ブラッド(割ピン)
・(あれば)千枚通しのようなもの

(作り方)
1. 写真の上に直接ラブオンで好きな文字を転写します。(図1)
2. スクラップブッキング用のブロッサムがあれば、千枚通しなどで写真にあらかじめ穴をあけておいてから割ピンでとめます。(図2、図3)

rubonphoto01.jpg
(図1)

rubonphoto02.jpg
(図2) 中心のピンクが割ピン。

rubonphoto03.jpg
(図3) 裏はこんなふう。

(所要時間)
15~30分

(メモ)
「ラブオン」「ブロッサム」「ブラッド」は、銀座の伊東屋等の文具屋さんや、心斎橋のカメラのナニワ等の写真店さん、ネットショップ等で手に入ります。
下記サイトはご参考まで。これ以外にもたくさん販売サイトがあります。「スクラップブッキング」で検索してみてください。

・ラブオン - ラッピング倶楽部
・ブロッサム - フラットクラブ
・ブラッド - カラーズラバーズ
Do what i can !
こんにちは。eriです。今日からこのブログを始めました。
写真ってこんな風に使えるんだ!写真って楽しい!ということを発見して、それを他の人にも伝えられたらいいなぁ、と思って始めました。
写真を使ったフォトクラフトの作り方や、その他写真に関する楽しいことはなんでも紹介します。みなさんも教えて下さい!


実は中途半端じゃなく不器用でめんどくさがりな私。
縫い物をしたのは約10年前だし(直線を縫っただけなのになぜか血だらけ)、冷蔵庫からはいつもえたいの知れないフサフサしたモノが出てくるし、掃除なんてこの世からなくなってしまえばいい!と思ってます。こんな私でも、なんとか続けられる・・・かな?


ちなみに、ブログタイトルの説明のところに書いている英語(Do what you can with what you have, where you are.)は、

  「今ここで、持てるものを使い、自分にできることをする」

という意味です。
今の私に何ができるか?を考えた結果のこのブログ。できるだけ長続きするといいなぁ。
そのためにもやっぱりフィードバックがあるとはげみになるので、コメントもらえるととっても嬉しいです!一言でもいいのでよかったら気軽に書き込んでください。

eri200.jpg

eri
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。